中国映画の興行収入が世界トップに―最大のヒット作は日中戦争を描いた「八佰」

華流    1月7日

拡大

コロナ禍で大打撃を受けた2020年の世界の映画市場。とくに前半は、映画館の休館や新作映画の上映取り消しなどで興行収入が激減した。

コロナ禍で大打撃を受けた2020年の世界の映画市場。とくに前半は、映画館の休館や新作映画の上映取り消しなどで興行収入が激減し、映画産業は大打撃を受けた。しかし後半に入ると、中国の新型コロナ対策が功を奏し、映画館が欧米に先駆けて再始動。最終的に年間の興行収入は、初めてアメリカを追い抜きトップに立った。

2020年の旧正月に上映予定だった「僕はチャイナタウンの名探偵3」、「姜子牙」(原題)、「囧媽(ロスト・イン・ロシア)」、「レスキュー」などの話題作は、ロックダウンや自粛などの影響でいずれも上映延期を余儀なくされた。

7月20日、感染リスクの低い地域から映画館の営業が再開され、初の大ヒットとなったのは8月に上映された「八佰」(原題)。日中戦争を描いたこの作の興行収入は31億1000万元(約495億円)を記録し、ハリウッドの超大作「テネット」と「バッドボーイズ フォー・ライフ」を抑えて世界一になった。その後、10月の全体興行収入もアメリカの20億ドル(約2060億円)を抑えて再びトップに。その中でも、国慶節に上映された「愛しの故郷(ふるさと)」は28億3000万元(約450億円)に達し、記録に貢献した。

11月に入ってからは、国慶節頃の勢いには及ばなかったものの、「金剛川」、「除暴」、「沐浴之王」(すべて原題)などの新作が相次いで公開され、中国映画の牽引役となった。一方、アメリカを見てみると、感謝祭に上映された「クルードさんちのはじめての冒険2」の勢いがあっただけで、クリスマスの期待作として注目を集めた「ワンダーウーマン 1984」、「ソウルフル・ワールド」はオンライン公開に切り替わり、興行収入は大幅にダウンした。

2019年の中国の年間興行収入は642億元(約1兆200億円)で、アメリカの114億ドル(約1兆1700億円)に次いで世界2位。業界関係者は「アメリカとの差が埋まるまであと5年はかかる」と見込んでいたが、新型コロナの影響で一気に逆転した。

2020年にヒットした中国映画を見てみると、戦争映画の既存概念を覆した「八佰」のほか、笑いを交えつつ庶民のリアルな視点を描いた「愛しの故郷」、国産アニメのレベルを押し上げた「姜子牙」、香港スタイルのアクションを最大限に発揮した「SHOCK WAVE 2」など、どれも高い完成度を誇っている。また、子役や若手俳優らも目覚ましい活躍ぶりを見せ、2020年のスクリーンに彩りを与えた。

関連記事



   

2020-09-17

2021-01-14

2020-06-23

2020-12-18

2020-11-16

2020-05-11

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携