中国映画界の期待の星!名監督チャン・イーモウが抜てきした、いま一番ホットな女優とは

華流    1月5日

拡大

チャン・イーモウの最新作「一秒鐘」でヒロインを演じたリウ・ハオツンが、いま最もホットな女優として話題をさらっている。

コン・リー(鞏俐)やチャン・ツィイー(章子怡)などの国際派女優を育てた中国の名監督、チャン・イーモウ(張芸謀)。彼の最新作「一秒鐘」(原題)でヒロインを演じたリウ・ハオツン(劉浩存)が、いま最もホットな女優として話題をさらっている。

リウ・ハオツンは、1970年代の中国を描いたヒューマンドラマ「一秒鐘」に続いて、がんと闘う家族の苦悩を描いた「送你一朶小紅花」(原題)でも主演に抜てきされ、その並外れた演技力と見た目のかわいらしさで見る人の心をつかんでいる。

当局の審査を経て昨年11月27日にようやく劇場公開された「一秒鐘」は、SNSプラットフォームの豆瓣で7.8という好得点を獲得。興行収入は1億3000万元(約21億円)というまずまずの成績を残している。また、正月映画として公開中の「送你一朶小紅花」は、豆瓣7.6という高スコアに加え、上映開始後4日間で興行収入が7億元(約112億円)を超える快挙を果たした。

「独特の雰囲気を持っていること」、「目で語れる力強さがあること」を条件に、チャン監督が数千人の中から抜てきした新人女優、リウ・ハオツン。その逸材ぶりが、監督の次の映画「懸崖之上」(原題)でどのように発揮されていくのか、中国映画界の期待の星から目が離せない。

関連記事



   

2020-11-06

2021-01-18

2020-12-12

2020-11-26

2020-12-15

2020-08-10

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携