「独身の日」ビッグセールで900点を爆買い、女優・伊能静の買い物報告が注目浴びる

Anomado    

拡大

年間最大の商戦が繰り広げられる「独身の日」で、女優の伊能静が今年の爆買い状況を報告。その豪快な買い物ぶりが話題になっている。

年間最大の商戦が繰り広げられる「独身の日」こと「双11」(ダブルイレブン)で、女優の伊能静(いのう・しずか)が今年の爆買い状況を報告。その豪快な買い物ぶりが話題になっている。

もともとアリババ・グループが仕掛けた「双11」のショッピングイベントは、年々規模が拡大し、大手ECプラットフォームが一斉に参戦する年間最大の商戦となっている。12日、女優の伊能静が中国版ツイッターを通じ、「戦況報告」として今年の買い物の内容を報告している。

それによると、11月1日にスタートした前哨戦にて、早くも500点を超える商品を購入。さらに11日の本番では、3つのアカウントを駆使して397点の商品を買いまくり、この期間に合計900点を購入したとのこと。最も高価な買い物は1万元(約16万円)の美容品で、セールが終了する1分前まで日用品や雑貨を「買いまくった」という。

伊能静の爆買いぶりは話題になり、アリババ・グループ会長のジャック・マー(馬雲)氏が「きっとあなたに感謝するだろう」と驚嘆したほか、「その購買能力がうらやましい」などの声が寄せられている。また、一部のネットユーザーからは商品が届いたあとの段ボール箱を片づけるバイトをしたいと希望する声も上がり、「商魂たくましい」「ビジネスの才能がある」などと多くの人がコメントを寄せている。

なかには「自慢しすぎ」と批判の声も上がった伊能静の報告だが、ニュースサイトの網易が行うアンケートでは、批判に同意する人が38.5%、「自分で稼いで買い物して何が悪い」と伊能静を支持する声が61.5%となっている。

関連記事



   

Anomado

Anomado

Anomado

Anomado

Anomado

Anomado

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携