シャオ・ジャン、今年も「最もハンサムな顔」に

華流    11月5日

拡大

時代劇ドラマ「陳情令」で大ブレークしたシャオ・ジャンが2年連続で「最もハンサムな顔」に選ばれた。

時代劇ドラマ「陳情令」で大ブレークした中国の歌手・俳優シャオ・ジャン(肖戦)が2年連続で「最もハンサムな顔」に選ばれた。5位に同じく「陳情令」でブレークしたワン・イーボー(王一博)がランクインしている。

米映画情報サイト・TC Candlerのアジア版「TCCAsia」が2018年から毎年発表しているアジア太平洋地域の「最もハンサムな顔」と「最も美しい顔」のランキングで、ノミネート300人の中から、シャオ・ジャンと韓国の人気グループBLACKPINKのタイ人メンバー、リサが1位に選ばれた。

「最もハンサムな顔」の2位は韓国の人気グループ・EXOのセフンでこちらも2年連続、3位には中国の歌手のツァイ・シュークン(蔡徐坤)が選ばれた。このほか、俳優ソン・ウェイロン(宋威龍)、アイドルグループTFBOYSのイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)とワン・ジュンカイ(王俊凱)、EXO華人メンバーのレイ(張芸興/チャン・イーシン)、俳優ヤン・ヤン(楊洋)が上位20位にランクインした。

「最も美しい顔」では、韓国のガールズグループMAMAMOOのムンビョルが2位、中国のモデル・女優のアンジェラベイビー(楊穎)が3位に。このほか、4位に女優のディリラバ(迪麗熱巴)、6位にチャオ・リーイン(趙麗穎)が中華圏からランクインした。

関連記事



   

2020-11-06

2020-09-25

2021-01-04

2020-12-01

2020-10-09

2020-11-28

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携