2020東京・中国映画週間が閉幕 桜庭ななみらがプレゼンターに

華流    11月2日

拡大

東京国際映画祭の提携企画として開催された「2020東京・中国映画週間」の閉幕式が1日に行われた。

東京国際映画祭の提携企画として開催された「2020東京・中国映画週間」の閉幕式が1日に行われた。「2020東京・中国映画週間」は10月27日から11月1日まで開催され、オープニング映画は「若者たちの賛歌(原題:老師・好)」、クロージング映画は「ロスト・イン・ロシア(原題:囧媽)」だった。

「愛しの故郷(原題:我和我的家郷)」、「ザ・ルーキーズ(原題:素人特工)」、「香山の春1949(原題:決勝時刻)」など、さまざまなテーマ、形式の中国映画12作品が上映された。

最優秀作品賞などを選ぶ「ゴールドクレイン賞」の発表・授賞式も行われ、「ロスト・イン・ロシア」、「香山の春1949」、「ワイルドグラス(原題:蕎麦瘋長)」などの中国映画が賞を受賞した。また肖央(シャオ・ヤン)が最優秀主演男優賞を、鐘楚曦(チョン・チューシー)が最優秀主演女優賞を受賞した。京劇映画「大暴れ孫悟空(原題:大閙天宮)」は芸術貢献賞を受賞した。

日中文化交流協会の栗原小卷副会長はあいさつの中で、「東京・中国映画週間は日中両国の文化の架け橋になっている。映画はこの特殊な時期に、生活を楽しむ勇気を特に与えてくれる」としたほか、新型コロナウイルスがもたらす危機を乗り越えて、同イベントの成功裏な実施を支えた関係者に敬意を表した。

閉幕式にはアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」の滝田洋二郎監督や鶴田法男監督、フリープロデューサーの渡辺満子、俳優の別所哲也、女優の桜庭ななみなどが出席し、プレゼンターとして受賞者に賞を授与した。また、中国映画週間のイメージキャラクター「LALALACOCO」のPRアンバサダーを務める「AKB48」のメンバーもゲストとして登場し、「恋するフォーチューンクッキー」などを歌い盛り上げた。


桜庭ななみさん

桜庭ななみさん 渡辺満子プロデューサー

別所哲也さん

滝田洋二郎監督

栗原小巻さん

日中映画祭実行委員会の耿忠さん LALALACOCO

関連記事



   

2020-11-08

2020-12-10

2020-06-23

2020-12-08

2020-11-10

2020-12-12

お問い合わせ

anomado・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

anomadoへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携